イーナバリ 杉岡さん

大阪府枚方市生まれ1歳のころに名張市へ移住。
高校卒業後、アメリカの大学へ進学し東京で就職結婚出産を経て
2006年に名張市に戻りました。 そこでせっかく一生懸命育てた地元で作られるた農作物がどんなにおししいものであっても消費者に届かず、畑のこやしになる場合もあるという名張市の農業の現実を知り「どうにかしたい」という思いから農産物に付加価値をつけ農業問題の解決に役立ちたいと思い創業しました。(旧滝之原小学校給食棟)をかりうけ
平成29年1月に隠タカラモノ農産加工所を設立しました。

わたしのこだわり

私たちが目指すのは、できる限り素材をまるごと活かし、素材のナチュラルな味をそのままに詰め込んだ製品をつくること。

そして、それらを世に出し、認めてもらうこと。

使う人が喜び、食べる人のからだが喜ぶ「加工品」づくりを心がけることは、使われた素材も喜び、その素材を育てる生産者も喜ぶことに繋がる。

それが、また次の生産へ、次の世代への継続を可能にするのだと、私たちは信じています。

わたしのおすすめ

安納芋のババロアなど