山二造酢 西尾さん

およそ半世紀前 お酢の香りに包まれて(笑)ココ津に生まれました。
趣味はお菓子を作ったり、 お花。。。というより野菜や果物を育てたり。食べることが大好きということですね。 山二での主な担当は農家さんから果物や野菜を預かって 飲む酢やドレッシングなどを作るお仕事です。 嫁いだ先も久居で梨を作る梨農家。 山二でお酢の仕事をしながら、お休みの日は梨畑にいる。。。という毎日です。 自宅には母娘4匹のトイプードル、会長宅にいるわんちゃんたちも娘たち 大人になった子供たちに相手にされないので わんちゃんたちに癒されています。 そして。。。なにより癒される場所が蔵の2階にある発酵室。 130年以上前から山二のお酢を作ってくれる酢酸菌たちが住んでいるところ。 酢酸菌が発酵するときにつくり出す模様は まるでアートのよう酢酸菌が発酵するときにつくり出す模様は まるでアートのよう ふたつとして同じ模様になることはありません。 どんな芸術家の作品よりも 私にとっては素敵なアートです。 私にとっての蔵は。。。 子どものころ 父についてきて妹とかくれんぼをしたり 5つ離れた弟を家来のように連れまわしたり。。。 子供のころの遊びの景色には いつも蔵がありました。 今 こうしてお酢のお仕事をさせていただけるのは とても幸せなことです!

こだわり

じっくり発酵、ゆっくり熟成」。地元の酒蔵からいただいた酒粕を主原料に、
毎日飲み続けられる飲みやすさにこだわっています。明治20年からの歴史に甘んずることなく、醸造技術の向上と“美味しさ”への探求をたゆまなく続けています。明治20年 創業以来受け継ぐ製法にて じっくり発酵、ゆっくり熟成させてつくるお酢とその 山二伝統のお酢を合わせてつくる寿司酢や調味酢シンプルな素材のみを使い飲みやすく合わせた飲む酢。生姜入や、糖類を使わずフルーツの美味しさを活かしたもの、くろずベースなどのシリーズがあります。また、お酢屋がつくるソースも人気の商品の一つです。

おすすめ